1. トップページ >
  2. コーディング関連情報 >
  3. コーディングコラム >
  4. リストタグでメニュー階層を表現

コーディングコラム

リストタグでメニュー階層を表現

テキストでのナビゲーションはWeb標準を考慮すると、通常リストタグを使用してコーディングすることが理想的です。
そのリストタグの使用方法としては以下のようなコーディングがWeb標準的と言えます。

CSS

HTML

上記では3階層目まで記載されていますが、以降、同じように階層が深くなるにつれて左側に余白ができるような仕組みになっています。

これはCMSなどで自動生成されるものだと問題ないのですが、通常コーディングで用いる場合は、階層が深ければ深いほど複雑になるのでタグの閉じ忘れなど注意が必要です。とは言え、通常のサイト構築ではそこまで深い階層のナビゲーションはなかなかお目にかかりませんが...。