1. トップページ >
  2. コーディング関連情報 >
  3. コーディングコラム >
  4. h1タグのフォントサイズ変更はスパムなのか?

コーディングコラム

h1タグのフォントサイズ変更はスパムなのか?

SEO対策を施している方なら誰もが利用している重要な要素のh1タグ。Web標準化が進むにつれて、h1タグに限らず見出しタグは頻繁に使われるようになったようです。使い始めると非常に便利なタグで、スタイルシートで装飾すればページ構成が分かりやすくなり、サイト全体に統一感が生まれます。もちろん「装飾」すればの話です。

h1タグは内的SEO対策にとって重要な割合を占めています。それだけに無関係なキーワードを詰め込んだり、重み付けの重複など、本来の目的から外れた使い方が広まってしまい、その結果、スパム行為として警戒されるようになっています。

「h1タグのフォントサイズを小さくするだけでスパム行為とみなされる。」と聞くことがあります。本にも書いている場合があります。しかし、フォントサイズを通常サイズにするだけでスパムとされるのでしょうか。

スパム行為の定義として「検索エンジンを騙す可能性のある行為」と解釈できます。具体的には以下のようなものがあります。

こうしてみると、h1タグの文字サイズを通常サイズにする行為だけでは、到底スパムとは考えられません。そもそもh1タグをそのままデザインとして使えるのか?と、疑問すら感じます。

「h1タグのフォントサイズを小さくするとスパム」というのは、ページ説明のためにページ内に1か所だけ設置するといった基本的な使い方を無視して、テキスト内のキーワード部分にh1タグを埋め込むことを指しているもので、それが間違って広まってしまったのではないでしょうか。実際、正しい目的でh1タグを使った場合、フォントサイズを調節してスパムとみなされた例は聞いたことはありません。

悪用されれば規制されるように、今後もスパムの定義が変わっていくかもしれませんが、正しい情報を持ってホームページ制作に取り組みたいものです。