1. トップページ >
  2. コーディング関連情報 >
  3. コーディングコラム >
  4. Web標準のメリット

コーディングコラム

Web標準のメリット

メンテナンスの向上

HTML(XHTML)ではテキストを正しく構造化、CSSではレイアウトや背景などの視覚表現を設定。このようにHTML(XHTML)とCSSの役割を明確に区別することがWeb標準の第一歩といえます。視覚表現を設定するCSSを外部に用意して、その外部CSSを参照することでWebサイト全体に統一感が生まれ、メンテナンスも簡単に行えるようになります。

例えばページの背景色を変更したい場合、これまでは全てのページを修正しなければなりませんでしたが、外部CSSの背景設定部分を修正するだけで対象ページ全てに反映されるのです。もちろん背景だけではなく、フォントサイズや色、背景画像など視覚表現を一括管理できるわけです。

アクセシビリティの向上

Web標準によってサイト制作することで、様々なブラウザ環境に対応(クロスブラウザ)することができます。これは各ブラウザで正確に表示されるだけではなく、キーボード操作や音声読み上げソフトなどにも対応できるため、高齢者や障害者などハンディを持つ人にとっても情報を提供できるアクセシビリティに配慮したサイトとなります。

ユーザビリティの向上

Web標準による正しいマークアップはソースを簡略化させ、ファイルサイズを抑えることができるためページ表示がスムーズとなります。また、正しく構造化されたテキストは、ユーザーにとってサイトの構造や趣旨が分かりやすく、より的を得た情報を入手しやすくなるためユーザビリティ向上になります。

SEO効果の向上

上記のメリットは結果的にSEO効果の向上にもつながります。正しいマークアップによる明確なサイト構成は、ユーザーにとって情報を得やすくわかりやすいわけですが、検索エンジン側にとっても同じことが言えます。このことによりサイトの評価が上がり、結果的にSEO効果として現れると考えられます。