1. トップページ >
  2. コーディング >
  3. Web標準化のメリットとは

コーディング

Web標準化のメリットとは

サイトの統一性

HTML(XHTML)ではテキストを正しく構造化、CSSではレイアウトや背景などの視覚表現を設定。このように役割を明確に区別することでサイト全体に統一感が生まれます。また視覚表現をCSSで設定することにより、HTML(XHTML)での記述が簡略化され、ファイルサイズが軽減されます。

メンテナンス性

外部CSSの場合、設定したフォント色や背景色などを対象Webページ全てに反映させることができます。ひとつの外部CSSの修正で、サイト全体の修正が容易になるため管理しやすく、テキストを追加する場合でもソースがシンプルなので、更新の多いページなどは作業効率が向上します。

SEO対策に最適

視覚表現をCSSにまとめ区別することで、HTML(XHTML)の文書構造がより明確となります。これは検索エンジンにとって判別しやすく読み込みやすいページとして評価され、SEO対策として有効になります。

アクセシビリティ・ユーザビリティの向上

Web標準によるシンプルな文書構造は多くのブラウザ環境に対応しているため、高齢者やハンディを持つ人など様々な環境のユーザーに情報を提供することが可能です。また、ファイルサイズを抑えることでページがスムーズに表示されるようになり、閲覧者にとってはストレスなく快適に操作することができます。