1. トップページ >
  2. コーディング >
  3. コーディングコンセプト

コーディング

コーディングコンセプト

これまでのコーディングは、デザイン通りに表示されることが重視されていました。しかし、Webサイトがビジネスにおける重要なツールとなった今、コーディングは正確な表示だけではなく、検索エンジンへの対策(SEO対策)、メンテナンス性など様々な要素が要求されています。
当サイトでは、これら全てにできる限り対応できるサービスを提供しています。

様々なコーディングに対応!

当サイトではタグの意味を理解したうえでWeb標準によるコーディングをしています。またホームページ作成ソフトなどに頼らない、ハンドコーディングでの制作になりますので、SEO対策はもちろんのこと、フルCSSレイアウトやアクセシビリティへの配慮など、様々な目的に応じて対応可能です。

人にも検索エンジンにもわかりやすいソース

ハンドコーディングにより、ホームページ作成ソフト特有の不要なタグを減らし、スッキリと無駄なく仕上げることができます。これはファイルサイズの軽減にもつながるため、閲覧者にとってはページの読み込みがスムーズとなり、文書構造が明確なソースは検索エンジンにとっても読み込みやすいページとなります。つまり、SEOの基本的対策として最適なコーディングになるのです。

あらゆる表示状況に配慮

CSSレイアウトを採用しているサイトでは、文字サイズを強制的に大きくすると背景画像が途切れてしまったり、思わぬところで改行されたりと、レイアウト崩れを起こすことがよくあります。当サイトでは、こういった状況でも正常に表示されるよう、柔軟に対応できるコーディングを心がけています。ハンドコーディングだからこそ出来る配慮でもあります。

チェック作業も万全

ハンドコーディングだからこそ、構文チェックや主要ブラウザの表示チェックなど、確認体制も万全です。ご希望に応じてW3Cによる文法チェックなども取り入れることができます。