1. トップページ >
  2. コーディング

コーディング

コーディングコンセプト

これまでのコーディングは、デザイン通りに表示されることが重視されていました。しかし、Webサイトがビジネスにおける重要なツールとなった今、コーディングは正確な表示だけではなく、検索エンジンへの対策(SEO対策)、メンテナンス性など様々な要素が要求されています。
当サイトでは、これら全てにできる限り対応できるサービスを提供しています。

様々なコーディングに対応!

当サイトではタグの意味を理解したうえでWeb標準によるコーディングをしています。またホームページ作成ソフトなどに頼らない、ハンドコーディングでの制作になりますので、SEO対策はもちろんのこと、フルCSSレイアウトやアクセシビリティへの配慮など、様々な目的に応じて対応可能です。

人にも検索エンジンにもわかりやすいソース

ハンドコーディングにより、ホームページ作成ソフト特有の不要なタグを減らし、スッキリと無駄なく仕上げることができます。これはファイルサイズの軽減にもつながるため、閲覧者にとってはページの読み込みがスムーズとなり、文書構造が明確なソースは検索エンジンにとっても読み込みやすいページとなります。つまり、SEOの基本的対策として最適なコーディングになるのです。

あらゆる表示状況に配慮

CSSレイアウトを採用しているサイトでは、文字サイズを強制的に大きくすると背景画像が途切れてしまったり、思わぬところで改行されたりと、レイアウト崩れを起こすことがよくあります。当サイトでは、こういった状況でも正常に表示されるよう、柔軟に対応できるコーディングを心がけています。ハンドコーディングだからこそ出来る配慮でもあります。

チェック作業も万全

ハンドコーディングだからこそ、構文チェックや主要ブラウザの表示チェックなど、確認体制も万全です。ご希望に応じてW3Cによる文法チェックなども取り入れることができます。

Web標準化のメリットとは

サイトの統一性

HTML(XHTML)ではテキストを正しく構造化、CSSではレイアウトや背景などの視覚表現を設定。このように役割を明確に区別することでサイト全体に統一感が生まれます。また視覚表現をCSSで設定することにより、HTML(XHTML)での記述が簡略化され、ファイルサイズが軽減されます。

メンテナンス性

外部CSSの場合、設定したフォント色や背景色などを対象Webページ全てに反映させることができます。ひとつの外部CSSの修正で、サイト全体の修正が容易になるため管理しやすく、テキストを追加する場合でもソースがシンプルなので、更新の多いページなどは作業効率が向上します。

SEO対策に最適

視覚表現をCSSにまとめ区別することで、HTML(XHTML)の文書構造がより明確となります。これは検索エンジンにとって判別しやすく読み込みやすいページとして評価され、SEO対策として有効になります。

アクセシビリティ・ユーザビリティの向上

Web標準によるシンプルな文書構造は多くのブラウザ環境に対応しているため、高齢者やハンディを持つ人など様々な環境のユーザーに情報を提供することが可能です。また、ファイルサイズを抑えることでページがスムーズに表示されるようになり、閲覧者にとってはストレスなく快適に操作することができます。

全国どこからでもお申し込み可能!

電子メールにて資料や素材を送付できる環境であれば、全国どこからでもお申し込みいただけます。
北海道,青森県,岩手県,宮城県,秋田県,山形県,福島県
茨城県,栃木県,群馬県,埼玉県,千葉県,東京都,神奈川県
新潟県,富山県,石川県,福井県,山梨県,長野県
静岡県,愛知県,岐阜県,三重県
滋賀県,京都府,大阪府,兵庫県,奈良県,和歌山県
鳥取県,島根県,岡山県,広島県,山口県
徳島県,香川県,愛媛県,高知県
福岡県,佐賀県,長崎県,熊本県,大分県,宮崎県,鹿児島県,沖縄県

基本的にはメールや電話(スカイプ)での打合せをお願いしておりますが、福井県近辺のお客様に関しては直接お伺いすることも可能です。